にきびの予防について

にきびは思春期だけにできるものではなく、大人になってからも毎日のスキンケア方法やストレス、生活習慣などが原因で出来てしまうことがあります。

思春期はホルモンバランスの乱れや皮脂分泌量も多いことからできやすいとされています。



汗をかいたまま放置していたり不衛生な状態にしないことが重要ですが、にきび予防にと洗顔を何度もおこなって必要な皮脂まで奪ってしまわないように注意する必要があります。

洗顔料の中には界面活性剤などが含まれていることが多いため、皮脂は乾燥を防ごうと皮脂分泌を活発におこなおうとしてしまいます。

大人になってからにきびや吹き出物でお悩みの場合は、睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足などによって血行が悪くなってしまうことなども原因の1つだとされています。


代謝が悪いとお肌の新陳代謝のターンオーバーが乱れてしまい、古い角質が上手く剥がれ落ちずに皮膚表面に蓄積されて角化が進んでしまうことがあります。

最近気になったYahoo!知恵袋の有益性の紹介です。

これは、毛穴を詰まらせてにきびへと繋がってしまう可能性があります。



女性の場合はメイクアップをしますので、そのまま寝てしまうようなことがないようしっかりとメイクを落とすように注意が必要です。

にきびでお悩みの場合は、オイルクレンジングを使うよりもジェルタイプなどオイルの少ないものを使用することがおすすめされています。

ファンデーションに使用するパフなども汚れたものを使用せず洗浄して清潔に保つようにしましょう。